植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

自毛植毛の歴史

自毛植毛の歴史

以前から、髪の毛が薄くなるのは、だれもが悩みの種でした。
老化現象だとか、遺伝だとか、仕方のないことだと割り切ることができればいいのですが、髪の薄さや濃さで若く見えたり、ふけて見られたりするということで、かなり気にする人もいるわけです。
そのような人たちのために、かつらのメーカーや植毛をするようなメーカーが宣伝をしているようです。
近頃はその技術も進歩しているので、かなり植毛しているように見えないような自然な仕上がりになることもあるので、ある面安心ではあります。


植毛でも、自毛植毛と人工植毛があります。
自毛植毛というのは、自分の髪の毛を使い、後頭部や側頭部に残っている髪を薄い部分に植えつけます。自分の細胞である髪の毛を使うので、アレルギー反応なども出にくく、安心だといわれます。うまくいけば、一生自分髪の毛が生えてくるので、メンテナンスがそれほど必要もないことも多いので、メリットも多いのです。ちなみにアメリカでは、この植毛がほとんどであり、そういった実績もあるのです。
しかしながら、デメリットもあるのです。ある程度の初期費用がかかるということや、効果が出るまでに少し時間がかかることもあるのです。
それでも、自分自身の髪が生えてくるのは、本人にとってはとても嬉しいことに間違いないでしょう。


それに対して、人工毛では、素材がポリエステルやナイロンといった化学繊維になります。ですから、異物が皮膚に入るわけですから、アレルギー反応を起こすこともあります。
また、一生ものではないので、維持をするのにお金がかかり、かなり負担がかかるものなのです。


このように、両者を考え、検討していくと、値段や安全性などの面を十分に考えて、自分の生活スタイルに合っているのは、どちらであるのかということを考えて、決めていくようにするといいでしょう。
やはりトラブルが少なく、自分の髪の毛を育てたいという人では、自毛植毛がいいでしょう。

ページの先頭へ戻る