植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

NHT式

NHT式

髪の悩みを抱える方は、様々な方法で毛髪の再生を図ります。その中の一つにNHT式自毛植毛という技術が存在します。
この方法では、まず後頭部の皮膚を移植に必要な分だけ毛根ごと横に切り取り、毛包単位に切り分けるようにします。
このようにして作成された毛根は、移植する部分に作られたスリットに、一本ずつ植毛されることになります。
移植された毛根が定着すると、毛髪が再生されることになります。


このNHT式を利用するメリットは様々ありますが、まず日帰り手術でも対応できるため、入院することもなく手術を行うことができることが挙げられます。
全身麻酔ではなく局所麻酔を使って手術するため、痛みもなく安全な手術を受けることができます。
後頭部の皮膚を切り取るため、傷跡は後頭部の毛髪により隠れて目立ちにくい状態になります。
なお、この傷跡は半年程度で消えるため、日常生活に大きな支障を来すことはありません。そのため、仕事などを抱えている状態でも気軽に利用することができます。
また、後頭部の毛髪に余裕がある限り移植することが可能なため、かなりの数の移植を行うことができます。


移植後の定着率は95パーセント以上なので、非常に高い確率で毛髪を再生することが可能となります。
移植後の毛髪は通常の毛髪と同様に発毛するため、安心して利用することができます。


薄毛などの悩みから手術を試みる場合もありますが、事故後の傷や火災による火傷などの特殊なケースでも手術を行うことが可能です。
人工植毛で起こる場合がある拒絶反応やアレルギーなどの問題も、自分の毛根を利用するため起こることがありません。
手術後は理容室などを利用して、普通に毛髪のカットを行うことができます。
手術後に通院して、さらに手術が必要となるケースは滅多にありません。また、メンテナンスの必要もなく、後々に費用がかかってくることはありません。


このように、NHT式には様々なメリットがあるため、毛髪の再生を図る場合には、選択肢の一つとして検討することができます。

ページの先頭へ戻る