植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

ニ-ドル式について

ニ-ドル式について

植毛の方法には幾つかありますが、「ニードル式」と呼ばれる方法は韓国の国立慶北大学医学部で開発された施術方法です。
1992年に開発された当初は「バンドル・ヘア・トランスプランテーション」という名前で発表されましたが、現在では「ニードル式」という呼び名が一般的になっています。
この施術方法としては「細い専用の植毛針を使用して、株分けされたドナーを一本ずつ植えつけていく」という方法になります。


この方法の最大のメリットとなるのは「施術の手順が一段階ですむ」と言うことです。
メジャーな施術方法として「スリット式」と呼ばれるものがありますが、スリット式は皮膚に切れ目を入れる必要があるため、二回に分けて施術しなくてはなりません。
頭に切れ込みを入れるわけですから当然出血はありますし、患者の頭に傷跡が残りやすくなってしまいます。
しかり専用の針を使って一本ずつ植えていくこの方法だと、頭皮に直接針を刺していくだけでよいわけですから、一度の施術で完了することが出来るのです。
こうしたメリットがあることから生え際や分け目などの部位には特によく使用されています。
反面デメリットとなるのが「一本ずつ植えていく必要があるために密度はやや劣る」ということです。


この施術ではどれだけ技術力の高いスタッフが丁寧に作業をしたところで「本来の毛髪密度の半分程度」という密度を作るのが限界とされています。
健康な毛髪の半分程度の密度ということで、施術が完了しても近くで見られるとどうしても多少の薄さを感じやすいのです。
頭髪の薄さをカバーするために施術を受けたのに、実際の効果としては本来の状態の半分までしか戻せなかったということになってしまうわけですから、多少薄くても気になりづらい「生え際」や「分け目」といった部分で使われているのです。


ニードル式は開発以来、アジア圏を中心によく採用されている方法になっていますが、この方式で施術を受けるという際には事前にメリットとデメリットについて理解をしておきましょう。

ページの先頭へ戻る