植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

FUT法

FUT法

自毛植毛法の一種であるFUT法は、毛髪を採取する工程で、直線で採取するという特徴があります。そして、この術式では、均等な間隔で採取が行われるので、毛根への負担を最小限に抑える事が可能になります。
この手法は顕微鏡で頭皮を確認しながら、毛穴単位での採取が行われ、微小な切れ目をつくり移植する高度な術式なのです。
そのため、この手術法は毛根にダメージを与えることが少ないという利点があり、移植後の定着や発毛に優れているというポイントがあります。


この手術法での術後の頭皮は、自然な仕上がりとなり、個々の患者様の求める理想的なスタイルを作り出しやすいという特徴もあるのです。
この手法は非常に緻密な作業となるため、他の植毛法よりも時間が長く掛かります。そして、この手術に要する手間の多さから、ドクターだけではなく、数人単位の手術となる事が一般的であり、ドクターに加え、各医療スタッフにも専門的なスキルの高さが求められるのです。


この術式は頭髪の状態を診察し、患者さまに適した育毛法なども併用する事で、より大きな効果を発揮します。
そして、この手術の特徴としては、クリニックによりその術式や技術力に大きな差が出るものとなり、根毛の採取や株分けだけではなく、毛髪を植え込む特殊な医療技術が必要になるので、個々の技術力に大きな差がでやすいという特徴があるのです。
また、個々のクリニックにより、この術式を基本とした独自の手法が併用され、植毛機なども活用される事が多いので、手術を受ける際にはクリニック選びが重要な要素となるのです。


このFUT法は術後の毛髪の生着に優れていることから広く普及しているもので、生え際を自然に再現できる事から、代表的な手法となっています。
一般的に、この手術では毛髪を採取する際の傷跡が残ってしまう可能性がありますが、ドクターの技術力の高さでこの傷跡を出来るだけカバーする事も可能になり、自然な仕上がりにしてもらう事も可能です。

ページの先頭へ戻る