植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

ダイレクト法

ダイレクト法

薄毛を改善するための方法は多数考案されており、医療機関でも治療が行われるようになっています。
植毛は、外科的な技術を用いて行う薄毛改善の方法です。薄くなっている部分に、自分の毛根を移植するという内容で、かなり進行している様な状態からでも改善する事が出来ます。
特定の部分だけが薄くなってしまっている様な人には、特におすすめの方法です。


植毛は、自分の毛根を移植するという内容であり、一定の毛根が残っている事が施術を行うための条件となります。このために、全体の頭髪が薄毛となっている様な場合には、適当ではありません。
後頭部の毛根を採取するのが一般的であり、この部分の毛根が健康的であるという事が求められます。
薄毛となってしまった部分ではなく、後頭部の毛根が健康であるという事が必要となります。


男性の薄毛は、額から頭頂部にかけての部分に集中しているケースが多く見られています。
後頭部の頭髪は健康な状態を保っているので、植毛を行う事により改善される可能性は高くなります。
ただし、後頭部に大きな傷跡が残ってしまうという事がデメリットとなっていました。しかし、現在では傷跡が残らない新技術が用意されています。


毛根を移植する際に、頭皮をメスで切り取るというのが従来までの方法でしたが、現在では特別な機器を用いて直接毛根を採取して移植するというダイレクト法という技術が開発されています。
メスを使用した方法と比較すると残る傷跡が非常に小さいというのが、ダイレクト法のメリットです。


頭髪は、毛根の内部に存在している毛母細胞の細胞分裂により新しく作りだされます。このために、毛根が機能しなくなるまで薄毛が進行した様な状態からの回復は望めないという事になります。
毛母細胞が細胞分裂を行う事が出来なくなってしまうからです。
毛根自体を移植してしまえば、このような状況は解消されます。再び、毛母細胞の細胞分裂により新しい頭髪が再生される事になります。

ページの先頭へ戻る