植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

植毛手術の種類

植毛手術の種類

頭髪の悩みを解決するには様々な方法を試みるケースが多いと言えますが、自分でできる方法はどれも即効性や確実性に欠けるのが現実です。
育毛用のアイテムは複数販売していますが、個人差があるために人によっては効果が出ないケースもあるのです。
効率よく髪の毛を増やすにはカツラを利用する方法もありますが、自分を毛で髪の毛を増やすには植毛を行うことが最適な選択となります。
自分を髪の毛を植え付けることになりますので手術を行うのが基本となりますが、様々な種類があるため選択が難しいと言えます。
専門のクリニックで施術を行うことになりますが、その前に必要な知識や特徴を把握しておくことが大切です。
全ての方法が行われているとは限りませんが、ニードル法やスリット法、パンチグラフト法やミニグラフト法などがあります。
さらにマイクログラフト法や自動で植込みが可能な機械も使用することが可能です。
ニードル法では採取したドナーを植え込む際に、穴あけと植え込みを同時に行う方法となります。
スリット法はピンセットで1株ずつ植え付けていく方法となりますが、使用する器具によってニードル法にもスリット法にもなります。
パンチグラフト法は一度に30本程度の髪の毛を毛根ごとくりぬき移植していく方法となります。
古くから広く行われている方法ですから、ノウハウが多いという特徴があります。


植毛手術には経験や技術力と言った専門的な能力が必要になるため、技術力の高いクリニックを選ぶのが基本となりますが、簡単にクリニックの技術力を確かめる方法はありませんので、最近では機械によって行う方法も登場しています。
熟練の技やノウハウが無くてもコンピュータ制御により自動で移植することが可能ですから、技術力を気にせずにクリニックを選ぶことが可能なのです。
もちろん機械が作業を行うため時間の短縮も可能になっています。
植毛手術にはたくさんの種類があるため適した方法を探す事が大切なのです。

ページの先頭へ戻る