植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

傷跡への植毛について

傷跡への植毛について

男女に関わらず、毛髪の悩みは色々あるものです。最近では技術が発達してきたため、植毛による増毛が主流になりつつあります。何もしなくても歳を取っていくことで、毛髪が減るのは仕方のないことですが、そのために増毛を考えても当然と言えるでしょう。


自然な毛髪の減少では無く、ケガやヤケド、手術を行ったための跡があり、全く髪の毛が生えてこなくなってしまうケースもあります。この場合はそこから自然に髪の毛が生えてくることは無理なケースが多く、深刻な悩みにつながっていました。
以前は傷跡へ髪の毛を埋め込むのは出来ないと思われていましたが、技術の進歩によりそれらも可能になってきました。
ケガ跡や手術跡というのは、周りの髪の毛の状態に関わらず、そこの部分だけ髪の毛が無い状態になってしまうので、不自然でどうしても跡が目立ってしまいます。
形成外科では傷と周辺の皮膚を縫い縮めて目立たないようにする方法がとられてきましたが、傷跡を小さく出来ても毛の生えない状態は変わらないため、あまり効果的とは言えない面もありました。


無毛状態の部分への植毛は、そういったデメリットを解消することが出来ます。自分の毛髪を使って移植するため、他の場所に新たな傷を作ってしまうこともありますが、的確な手術が施され、丁寧に髪の毛を埋め込んでいきます。そのため自然な髪の毛の流れを損なうことなく、見た目からは傷や手術跡があったことが全くわからない状態を取り戻すことが出来ます。


傷や手術跡への施術は、場合によっては高密度に行うことが難しいケースもあります。
傷や手術跡が小さい場合には目立ちにくいものですが、範囲が広くなってしまうと、一度に密度を濃くして埋め込むことが出来ません。そのため、周辺の毛髪の濃い部分との差がやや目立ってしまいますが、複数回にわたり様子を見ながら植毛を進めることでカバーできます。
施術の前には丁寧なカウンセリングが受けられますので、事前に良く話を聞いてみることが必要です。

ページの先頭へ戻る