植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

薄毛のメカニズム

薄毛のメカニズム

髪の毛が生えてくるのは、髪の根元より頭皮の中にある毛根があり、その毛根の部分の毛母細胞に体全体から栄養や血流が運ばれ、それによって成長因子が作られ毛髪を作り出す細胞が分裂するからです。そのため、薄毛になってしまうメカニズムには、まず栄養や血流が行き渡らない点と成長因子を作り出す作用が停滞している点の二つで、毛髪を作り出す細胞が分裂を引き起こさないのが原因となります。


そして一度、毛髪が抜けてしまうとそれが再生されずに、徐々に薄毛になっていきます。なお薄毛が進行していくと頭皮が剥き出し状態に進行していきます。

薄毛と遺伝子の関係

頭髪は、毛母細胞の細胞分裂により作りだされます。毛母細胞は毛根の奥にあり、毛乳頭という部分が栄誉素を吸収する事によって細胞分裂を行います。
毛乳頭に栄養を運び込むのは血液が役割を担っているので、栄養や血行が十分でない場合には、細胞分裂が円滑に行えなくなり、薄毛が進行する事になります。
ただし、栄養や血行が十分であっても、薄毛が進行しないという事ではありません。遺伝子が関係している薄毛もあるからです。
特に、男性特有の症状であるAGAは、遺伝子との関係が強いと考えられています。

薄毛になりやすい部分

男性で薄毛に悩んでいる方は多いでしょう。男性で薄毛になりやすい頭の部分は、額全体、額の両サイド、頭頂部から後頭部にかけてです。
特に頭頂部から後頭部にかけての薄毛は老化を感じさせ、本人も自信がなくなったりしてつらいものです。
育毛剤を試すのも良いですが、思い切って植毛するというのも一つの対策手段です。
プロに診断、施術してもらえば少しずつ毛髪を増やしていってもらうなど費用はかかりますが高品質なサービスが受けられます。

薄毛になりにくい部分

薄毛にもなりにくい部分は、頭の側面部分になります。


何故薄毛になりにくいのかというと、側面部分は頭頂部分に比べて汗が流れ落ちやすくなっていますので、皮脂が毛穴をふさいで毛髪が成長するのを阻害するといったことが少なくなってくるからであります。
よく、頭のてっぺんだけが剥げていて、その他の部分は残っているというのはこういったことがあるからです。
ですので、頭髪のケアは側面よりも頭の上の部分に注意してケアをよくするといいのです。

ページの先頭へ戻る