植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

日本人の植毛

日本人と欧米人の特徴の違い

男性型脱毛のAGAの主な原因はジヒドロテストステロン(DHT)です。日本人と欧米人では、髪質に大きな違いがあります。


日本人の髪は太いのが特徴で、平均約0.08mmです。
欧米人の髪の太さは、平均約0.06mmとなっています。
わずか0.02mmの差なら、大きな違いはないと思うかもしれません。
しかし、わずか0.02mmでも髪質に与える影響は大きく、それが大きな違いとなることもあります。
また、髪の太さだけではなく、本数にも違いはあります。
日本人は約10万本ですが、欧米人は約14万本となっており、欧米人は日本人をよりも髪の毛が濃いのです。


植毛をするときにも、この日本人と欧米人の違いを考えなければいけません。
欧米で使われている植毛の技術も、日本人の髪の特徴に合うようにしないと効果的とはいえません。


また髪質や髪の本数だけではなく、頭の骨格なども大きく違ってきますから、植毛をするときにはそこまで考える必要があります。
日本人の特徴に合わせることが、自然な植毛にするコツです。

日本人と欧米人の頭髪環境の違い

頭髪環境は、日本人と欧米人では大きな違いがあります。
日本人はブロンドの欧米人に比べると、黒髪なので髪が増えても実感しにくいです。
前頭部も欧米人に比べると幅が広いので、生え際も広くなります。
さらに髪の本数も少なく、直毛の人が多いので髪の量も少なく見えます。


他にも、頭髪の太かったり様々な違いが、日本人とは欧米人の間にあります。
ですから、日本人には日本人の頭髪環境に適した方法を使わなければいけません。
植毛などで薄毛を目立たなくするときには、海外から技術をそのまま輸入するのではなく、日本人の頭髪環境に適した方法と使っている技術で植毛をしましょう。


薄毛の治療をするときにも、欧米の治療法をそのまま信頼してはいけません。
同じ日本人に効果のある治療でないと、効果は感じられなくなるはずです。


植毛クリニックで治療や植毛をするときには、日本人の頭髪にも実績のある方法なのか確かめてから、治療を受けるようにしてください。

ページの先頭へ戻る