植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛の原因には、精神的なストレス、不適切なヘアケア、紫外線、過度の飲酒、喫煙、不規則な生活、運動不足などいろいろとあります。
中でも「男性型脱毛症(AGA)」は、男性ホルモンの影響で起こります。原因がわかれば、薄毛の治し方もわかるということになります。


男性の薄毛の大半は「AGA」で、主に頭頂部や生え際に現れます。AGAの原因のひとつとしてわかっているものが、男性ホルモンのひとつであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換された結果出てくる「ジヒドロテストステロン」というホルモンによって引き起こされます。
ジヒドロテストステロンは最も強力な男性ホルモンです。このできてしまったジヒドロテストステロンを抑制する成分が、フィナステリド、デュタステリド、ノコギリヤシなどになります。
特にノコギリヤシは、天然成分なので副作用が少ないので、育毛剤の成分として非常に注目されています。

薄毛の原因はホルモンにある

薄毛になる原因として、2つのホルモンがあります。
男性ホルモンであるテストステロンには毛根を太くし、抜けにくくする作用があります。そのため、これが減少してくると毛が弱くなります。
ジヒドロテストステロン(DHT)は脱毛ホルモンとも呼ばれ、前述のテストステロンが2型の5αリダクターゼによって変換されることで生成されます。
このジヒドロテストステロンは毛乳頭にある受容体と結合しやすく、毛髪の成長を妨げて、毛髪が十分に成長する前に抜けるようになります。
ジヒドロテストステロンが生成される理由は解明されていませんが、テストステロンの減少を補うために5αリダクターゼが働くことで引き起こされると考えられています。

原因で治し方もわかる

男性で、薄毛に悩む方は多いでしょう。早い人では20代のうちから薄毛が始まる方もいます。
男性の薄毛については育毛剤市場を見ても分かるとおり需要が非常に多いため、研究が進んでいます。
対策は、まず原因をさぐるところから始めましょう。家族に薄毛の方がいる場合は遺伝の可能性もありますが、自分自身の生活の乱れやストレスなどが原因の場合もあります。
また、頭皮の毛穴に汚れが詰まっていて毛髪に悪影響を与えている場合も。まずクリニック原因を探し、そこを改善するところからはじめましょう。

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因

男性型脱毛のAGAの主な原因はジヒドロテストステロン(DHT)です。
これは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素によって変換されてできます。
このジヒドロテストステロンには脱毛ホルモンとも呼ばれ、強い脱毛作用を持っているため、これが増加すると抜け毛が増えて薄毛になります。
これは体内で生成されるものであるため、頭皮のケアを行っても改善することはできません。治療するには、薬を服用してこの生成を抑える必要があります。

ページの先頭へ戻る