植毛の情報サイト 植毛情報室 サイトマップ

植毛情報室

薄毛のメカニズム

薄毛にお悩みの方はいつの時代も多いのではないでしょうか。
それくらい、脱毛、薄毛によるボディーイメージの低下はつらいものです。
そのような、薄毛は遺伝や思春期を過ぎた当たりから急激に増えるホルモンによって起こります。遺伝は原因の25%であり、ほとんどがホルモンによるものといえます。テストステロンが酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンになることで働きが低下してしまうことで起こるとされています。
そのため、もし薄毛治療を行うのであれば、このようなホルモンを抑える育毛剤か、髪の量を増やすための植毛、特に自毛植毛がお薦めといえるでしょう。

薄毛のメカニズムはこちら

薄毛の原因

薄毛の原因には様々なものがありますが、飲酒や喫煙、ストレスといった生活習慣も密接に関わっていることが知られています。しかしそれらを改善したとしても、髪の毛が生えてくる保証があるわけではありません。
最終手段としては自毛植毛というのも検討しておく価値はあります。

植毛というのは他の部分なら採取した毛を必要な部分に埋め込むという医療行為です。そのため医師により丁寧に埋め込まれる気の長い薄毛対策となります。

薄毛の原因について

育毛、養毛、かつらの比較

薄毛対策において、自毛植毛がもっとも見た目の良いものであることは言うまでもありません。
しかし、植毛は費用が高く、出来るだけ避けたいという人も珍しくはありません。その場合、育毛や養毛、かつらを使う事となりますが、これらにも問題点はあります。

育毛や養毛は薬物を摂取することで行いますが、必ず生えてくるという保障はなく、また副作用などが生じることも珍しくはありません。そして、かつらは着用していることが周囲に知られやすかったり、着用時に不安定な感覚を持つことも有ります。そのため、もしお金をかけられるのであれば植毛、特に自毛植毛を行う事が良いといえるでしょう。

育毛、養毛、かつらの比較について

植毛の痛み

自毛植毛の手術は局所麻酔を行いますので、痛みを感じるのは最初の麻酔注射の時だけで、手術中には痛みを感じることはありません。
術後も軽いチクチクとした感じが残る程度で、時間と共になくなります。とは言えメスを使った手術となると不安を感じる方も多いものです。
最新の植毛手術を行うクリニックでは、メスを使用しない無痛手術を行っているところもあります。
この技術は管状の医療器具を用いて毛穴単位で毛髪の採取・移植を行いますので、痛みが極めて小さいのが特徴です。

植毛の痛みについて

植毛手術の種類

最近では頭髪の悩みは男性のみならず、女性についても少なからずお持ちのようで、それに付随して発毛剤、育毛剤、日々のケアシャンプーなどの製品が売れています。またそれらの市場も盛り上がっています。
しかしながら効果が見込めない方の中には、植毛を考える方がいます。
読んで字のごとく、専門器具、薬品を使用し頭髪に人口毛髪を植え込む方法です。しかし費用の問題から、最近では抜けた自毛を再利用する自毛植毛と呼ばれる技術が出来たようです。

植毛手術の種類について

グラフト

自毛植毛の方法には様々な種類があります。その一つとして、グラフトと呼ばれるものが有ります。
これは、ドナー株を頭皮が残っているところからとって、その後植毛するというやり方です。
この方法の問題点として、大量の毛が必要な場合には不向きな点、毛根を傷めないためには長時間かけなければ毛の採取ができないという事があります。しかし、狭い範囲で構わない場合は効果的な方法といえるでしょう。

なお、熟練していない医師のもとで行うと、毛根を誤って切断してしまうことが多くなるので、気をつけなければなりません。
そのため、グラフト術を受ける際は、適切な病院を選ぶ必要があるといえるでしょう。

グラフトについて

日本人の植毛

植毛には、自毛植毛とそうでないのがあります。
日本人と欧米人の頭髪の違いも色だけでなく髪の性質にもあります。また、皮膚つまり頭皮の性質の違いもあります。
日本人にあった植毛に自毛をはやす方法があります。
つまり、自分の毛を植え替えることで、植えた後も生え続け安い面があるのです。
もちろん、植毛したからといって抜けないわけではなく、自毛の方が抜けにくい面があるのです。

こうした利点を考慮して、自毛植毛をする人が少なくないのです。

日本人の植毛について
ページの先頭へ戻る